機械が振幅330を表すがどうですか、標準?

腕時計振幅はひとつが腕時計を評価して吸収油保養する重要な指標が必要かどうかで、振幅高低は直接腕時計運行状況を反映して、たくさん新しく入門する表す友達がいるは振幅に対してまだとても理解するではなくて、機械が振幅330を表すのがどうかを知らないで、読み終わる下に内容はみんなが腕時計の振幅に対して全面的な認識がありを信じます。

腕時計のチップの中にひとつの車輪と空中に垂れる糸の構成する共振子を並べるからあって、その揺るがして周期の安定性腕時計の時間単位の計算の精度を決定しました。車輪のを並べて揺るがして左右揺れ動いて、その幅に揺れ動くのは振幅で、振幅は腕時計の業界の中でも振幅といわれます。物理学定義によって、振幅は物体を揺るがして静止する平衡位置の最大の変位からそれるのです。

機械が振幅330を表すがどうですか、標準?

腕時計の振幅はずっと変化の中であるので、その安定と大きさは多くの原因にかかります。最も主に取るのが決してぜんまい皿のきつい程度で、ぜんまいは上のにもっといっぱいになられて、振幅はもっと高いです。それ以外に、車輪の軸のほぞの摩擦を並べるのとと関係があります、位置が変化する時、空中に垂れる糸の重力の方向に順番に当たってと車輪の軸のほぞの摩擦の状況を並べても引き続き変化するのを並べます。たとえば、腕時計は平面と垂直面の時、振幅の変化はとても明らかで、正面は通常平面の振幅を比べて大体低い40度ぐらいを要します。

その他は振幅の原因がのがたくさんなことに影響して、例えば:腕時計の設計問題、潤滑にする状況、歯車ぶれとラジアルすきま、ぜんまい力モメント出力する安定さ性など。

私達は腕時計振幅高を言って、人々俗称“時計行ったが勢いが良い”で、しかし高越に越えるが良かったがでもなくて、車輪を並べて回転して最大だも340度まで達することがあり得ないためです。もしも振幅が高すぎて、腕時計に“振り子にぶつかる”が発生するように引き起こして、こ実際は円盤に順番に当たって衝突を打って捕らえてたとえフォークアウトサイド現象をつくでもを並べるので、腕時計幸運だのは変わったのきわめて速くて、聞いて見ると腕時計の行き来する音は正常なリズムを失って、急ぎな演奏する“馬の蹄の音”のようになります。普通は思って、腕時計はいっぱいな弦の平面の状態の下で、振幅は240~320度間で比較的適切です。そのため機械が330度振幅を表すのが属するのが高すぎてで、注意を引き起こさなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください